歯周ポケット

⻭と⻭茎の境目には1~2mmのわずかなすき間があります。このすき間を「歯肉溝」と呼びます。

清掃が行き届かず、そこに⻭垢(プラーク)などの汚れが蓄積すると、歯茎に炎症が起きて腫れたり、出血を起こしたりします。その状態が進⾏すると、歯肉溝がどんどん深くなり、深くなると「歯周ポケット」と呼ばれます。

歯科医院で、歯茎の検査をする際には、プローブという目盛りの付いたとがった器具でこの溝の深さを測っています。

歯周ポケット

 

⻭周ポケットが深くなるメカニズム

歯と歯茎の境目は、ご自身だけではなかなかケアをしにくく、磨き残しが多くなってしまう部分です。歯肉溝から歯周ポケットへと、すき間が深くなっていく過程を見てみましょう。

 

①健康な状態

⻭と⻭茎の間には1〜2mm程度の⻭⾁溝があります。

健康な状態

 

②歯肉炎

汚れが蓄積され、歯肉に軽い炎症が起こり、歯肉溝が2〜3mmの深さになります。

歯肉炎

 

③軽度歯周炎

歯肉溝に⻭周病菌が侵⼊し、⻭の組織を破壊し始めます。歯肉溝が3〜5mmになり、⻭周ポケットが形成されます。

歯肉の腫れや出血などを伴います。

軽度歯周炎

 

④中等度歯周炎

炎症がさらにひどくなり、⻭がぐらつき始めます。⻭周ポケットは4〜7mmになります。出血や口臭という症状があらわれます。

中等度歯周炎

 

⑤重度歯周炎

⻭を⽀えている⾻が溶けて、⻭がぐらぐらになります。⻭周ポケットは6mm以上になります。重度の場合、歯周外科処置もしくは残念ながら抜歯しなければいけないこともあります。

重度歯周炎

 

歯周ポケットのケア

歯周ポケットのケアは、⻭みがきやフロスなどご自身での正しいセルフケアと、⻭科医院での定期健診やクリーニングなどのプロケアで、しっかりプラークコントロールをすることが効果的です。

 

歯周病は、自覚症状の少ない疾患です。したがって、定期健診を受けて歯周病になっていないか、進行していないかをチェックすることが有効です。

 

参考

 

公益財団法⼈ ライオン⻭科衛⽣研究所

https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/trouble/02.htm

 

テーマパーク

8020 https://www.jda.or.jp/park/trouble/index_02.html

Leave a Comment