⻭と⼝の健康週間 ~歯磨きに大切な歯ブラシについて~

6⽉4⽇〜10⽇は⻭と⼝の健康週間です。この期間はお⼝の中や⻭のことについて、いつもより少し意識してみませんか?

今回は口腔ケアの基本である歯磨きに使うハブラシについてご紹介します。

 

ハブラシの部位の名称

ハブラシはヘッド、ネック、ハンドルの部位に分かれています。ヘッドの大きさや厚み、ハンドル部分が握りやすいものなど、メーカーによって様々な工夫がされています。

歯ブラシの名称

ハブラシの種類

ハブラシには様々な種類があります。ハブラシ選びは⻭みがきを上⼿にするための⼤切なポイントです。

特に⼦供⽤のハブラシは、乳⻭列期⽤、混合⻭列期⽤、仕上げみがき⽤などがあり、年齢に合わせたヘッドの大きさ⽑のやわらかさ、ハンドルの持ちやすいサイズがあります。ハブラシのパッケージに「2〜4才⽤」や「幼児期⽤」など記載されていますので、ハブラシ選びの参考にしてください。

ハブラシの種類

この他、ワイヤー矯正や歯と歯茎の境目などの細かい部分を磨きやすいように、⽑先が⼭形・U型・2列型になっているものや、⻭と⻭の間やデコボコした部分、親知らずなど通常のハブラシでは届きにくい部分を掃除するためのタフトブラシもあります。色々なハブラシを組み合わせて使うことで磨き残しを減らすことができます。

総入れ歯の方でも歯茎や粘膜をケアするためのとても柔らかいハブラシや、入れ歯を磨くためのハブラシもあります。

 

ハブラシの⽑

市販されているハブラシは、「やわらかめ」「ふつう」「かため」の3種類が⼀般的です。

歯茎が健康である⽅は「ふつう」、⻭周病などで歯茎が弱っている⽅は「やわらかめ」など、お⼝の状態にあったものを選ぶことが⼤切です。

「かため」のハブラシは汚れを落とす⼒は強いですが、⻭や歯茎にもダメージを与えてしまうことがありますので、磨く力加減の注意が必要です。

 

ハブラシの交換時期

ハブラシの交換時期

あなたがお使いのハブラシは、いつ交換しましたか?

⽑先の開いたハブラシと、新しい⽑先の開いていないハブラシとの汚れ落ち⽅の違いを見てみましょう。

歯ブラシの毛先の開き具合と歯垢除去率

ハブラシは⽑先が広がるとブラッシング効果が下がってしまいます。⽑先が開いたハブラシは汚れを落とす⼒が6割程度まで減少してしまうことがわかっています。せっかく丁寧に⻭みがきをしても、汚れが落ちていなければもったいないですよね。

また、歯茎を傷つけてしまうこともあるようです。

そのため、⽉に1度交換することをおすすめします。

 

ハブラシのお手入れ

歯磨き後は、ハブラシの汚れを⽔で落として、しっかり乾燥させましょう。使用後のハブラシには雑菌が繁殖しやすくなっています。

他のハブラシと⼀緒に保管すると、菌が移ることもありますので、保管にも注意が必要です。

ハブラシの保管について

自分に合うハブラシがわからない場合は、かかりつけの⻭医者さんで相談してみると良いでしょう。

 

参考

公益財団法⼈ライオン⻭科衛⽣研究所 https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/tool/01.htm

Club Sunstar https://www.club-sunstar.jp/article/lifestyle/brushing/831/

Leave a Comment